CULTURE
文化

オーストラリアは本土であるオーストラリア大陸とタスマニア島,そして多数の小さな島々から構成されています。 オーストラリアの文化は主にイギリスが由来ですが,その他にもオーストラリア大陸の特徴的な地理や,アボリジニ文化,トレス海峡諸島民,そしてオセアニアの人々から影響を受けています。 オーストラリア在住のおよそ30%の人々が外国で生まれており,中国とインドからの移民が特に多くなっています。 このような背景から,多様な文化が混在していますが,基本的にオーストラリアに住む人々はリラックスした生活を好み,家族や友人と過ごす時間を大切にしています。 主要都市はほとんど沿岸部に位置しており人口の大半がそこに集中しているためにビーチカルチャーが盛んで,サーフィンの世界大会なども行われています。

CLIMATE
気候
熱帯雨林気候:ケアンズ,ダーウィンなど。四季はなく,雨季と乾季に分かれます。一般的に雨季は11月または12月~3月頃,乾季は5月~11月頃で,1年を通して気温の差がほとんどありません。 亜熱帯気候:ブリスベン,ゴールドコーストなど。一年中比較的穏やかな気候です。年間の気温差も少ないです。 地中海性気候:シドニー,パースなど。四季はありますが年間を通して晴天の日が多く,過ごしやすい気候です。 温帯性気候:メルボルン,アデレードなど。冬は寒く,夏は暑い。日本と同じ四季のはっきりした気候です。

TOURIST SPOT
観光地

オペラハウスやハーバーブリッジといった観光地があるシドニーや,文化と芸術の街メルボルンでは有名なアートギャラリーや大自然を望めるグレートオーシャンロードなどがあります。西オーストラリアに位置するパースでは,沖合のロットネスト島を訪れたり,スワン・バレーのワイナリーツアーに参加したりと色々な楽しみ方があります。その他には,57㎞もの白砂のビーチが海岸線に続くゴールドコーストや,有名なエアーズロックのあるアリススプリングスなどがあります。

ECONOMIC経済

*人口/平均年齢 2000年19,065,837人/35.4歳 2019年25,088,636人/37.5歳 2040年30,764,641人/41歳*経済指標・実質GDP成長率2.27%・名目GDP総額1兆3795億米ドル・一人あたりの名目GDP55,707米ドル・消費者物価上昇率1.95%・失業率5.60%*不動産価格推移・不動産平均価格はシドニーオリンピックが行われた2000年を皮切りに上がっており以前は20万ドル前後だったものが2003年ごろには30万ドル前後になっています。その後も順調に上がり続けており,2018年にはユニットの平均価格が約50万ドル,一軒家の平均価格が約60万ドルにまで上がっています。*不動産に関わる税金・印紙税(購入時)・固定資産税,州税(保有寺)・所得税(賃貸時)・消費税,キャピタルゲイン税(売却時)*法人で不動産所得を得た場合,税率が一律なので個人で所有するよりも節税が見込める場合があります。外国人が不動産を購入する場合は土地も建物も購入は可能ですが,中古物件が購入できない,新築物件の50%までしか外国人には割り当てられないなどの規制があります。*地域や税制の変更により変動する場合があります。