CULTURE
文化
EUに加盟している国は現在28カ国あり,そのどれもが独自の文化を持っています。代表的な国は世界遺産の数が世界一を誇り,ピザやパスタといった食文化が有名なイタリアや,美術,芸術の有名な街やファッションの先端都市のあるフランス,中世の街並みが多く残り,ビールやドソーセージといった食文化で有名なドイツ,有名な建築物が数多くあり,情熱の国として知られるスペインなどがあります。

CLIMATE
気候
各国の代表的な都市の気候としては,まずイタリアのローマは,四季がはっきりしていて,湿度が低く過ごしやすい気候で一年中を通してベストシーズンといえます夏には気温が40℃を超えることもあり,冬は雪が降ることはあまりありませんが冷たい風が吹き付けます。フランス,パリの気候も四季がありますが,年間平均気温はそこまで高くなく,夏でも天気が変わりやすく冷え込むことがあります。ドイツのミュンヘンも同じく四季があり,夏は湿度が少なく過ごしやすいですが,冬は積雪こそ少ないものの,かなり寒く12月になると氷点下になることもあります。スペインのバルセロナは暖かく天気が崩れることがあまりありません。夏はそれほど暑くなく,冬も他の都市ほど厳しい寒さにはなりません。

TOURIST SPOT
観光地
ヨーロッパで有名な観光地は数多くあります。例えばフランス・パリのエッフェル塔やモンサンミッシェル,凱旋門など,イタリアではローマのコロッセオ,ベネチアやフィレンツェなど,またドイツではベルリンやミュンヘン,フランクフルトなどで歴史を感じることができたり。またスペインでは,とても有名なサグラダファミリア教会のあるバルセロナやマドリード,グラナダやコルドバなどがあります。

ECONOMIC経済
*人口/平均年齢 2000年727,200,939人/37.7歳 2019年743,102,600人/41.8歳 2040年728,823,373人/46.9歳*経済指標・GDP成長率2.0%・消費者物価上昇率1.9%・失業率6.8%欧州の不動産価格推移はリーマンショック以降若干下落したものの,それ以降は順調に上昇しています。要因としては,欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利政策を採用したことにより投資が加速し,値上がりが続いているものとみられています。*不動産に関わる税金・国によって異なりますが,代表的なものとしては・取得税,印紙税(購入時)・固定資産税,住民税(保有時)・キャピタルゲイン税(売却時)などがあげられます。*国・地域によって異なります。