CULTURE
文化
フィリピンは東南アジアに位置する共和制国家です。首都はマニラで,最大の都市はケソンになります。公用語はタガログ語を基本としたフィリピン語と英語ですが,地域によって様々な言語が用いられています。都市の雰囲気が味わえるマニラや,ビーチリゾートとして有名なセブ島などがあり,観光地としても人気が高まっています。また,英語を学ぶための語学留学先としても人気があり,毎年多くの人々が留学に訪れています。植民地時代の名残から,西洋の文化とアジアの文化が融合した独特の文化を持っています。

CLIMATE
気候
フィリピンの気候は熱帯性気候で,年間を通じて暖かく,平均気温は26℃〜27℃です。6月から11月にかけて雨季になり,12月〜5月が乾季と別れていますが,地域のよって大きく差があります。セブでは1年を通して明確な雨季はありません。また服装も年間を通じて夏の服装で過ごせますが,冷房が強く効いているところもあるため羽織るものが必要になる場合もあります。

TOURIST SPOT
観光地
フィリピンで有名な観光地といえばリゾート地として有名なセブ島です。セブには毎年数多くの観光客が訪れ賑わっています。そのほかにも,パラワンやエルニド,コロンやボホールといった場所があります。これらの場所では,美しい自然の景色や,開放感あふれるビーチなど,訪れる人々を魅了し続けています。またマニラなどの都市部の方では,豊かな自然ももちろんですが,刺激的なアトラクションを楽しめる施設や,博物館,教会,また現地の人々の生活が身近に’感じられるマーケットなどもあります。

ECONOMIC経済
*人口/平均年齢 2000年77,991,569人/20.5歳 2019年108,106,310人/24.3歳 2040年139,447,689人/29.6歳(予想)*経済指標・人口約1億人・GDP成長率6.2%・物価上昇率5.1%・失業率5.3%フィリピンの不動産価格は2008年のリーマンショックで影響を受け落ち込みましたが,それ以降は人口増加に伴って若者や家族などの需要が高まっているため,上昇し続けています。*不動産に関わる税金・印紙税,地方譲渡税,登記税,付加価値税(購入時)・不動産収入税(保有時)・キャピタルゲイン税(売却時)*外国人・外国法人の土地の購入はできませんが,物件の購入は可能です。建物に関してはコンドミニアム法により建物の全ユニット数の40%未満までのユニットの購入は可能です。*税制などの変化により変わる場合があります。